経理マンの自宅家計見直し!おすすめ格安SIM

  • URLをコピーしました!

経理は「経営管理」の略で、会社のあらゆる数値を算出・分析し、改善していきます。

この知識や能力は、会社だけでなく個人の家計を改善することにも役立ちます。

個人の経営管理=家計管理になりますね。

家計の固定費で大きく削減できる可能性が高いものは、まずスマホ代になると思います。

ユウ

私の周りでも「スマホ代は毎月10,000円くらいだよー」って言う人もいましたね…

皆さん、格安Simを使いましょう!!

スマホ代が月に数千円程度で済みますし、デメリットも少ないので、すぐに変えましょう!

特に、私のおすすめは楽天モバイルです!

ここでは、私も使用している楽天モバイルの特徴や、使ってみて感じたことをお伝えします!

【楽天モバイル】
目次

楽天モバイルのメリット・デメリット

楽天モバイルを使ってみて、私が感じたメリット・デメリットは以下の通りです。

データ使い放題で、使わなければ安い

2023年6月1日より、楽天モバイルの契約は「Rakuten最強プラン」というものになりました。

各社いろんなプランがありますが、楽天モバイルはこのプランのみです!

これは、使用したデータ容量によって料金が変わります。

また、2024年2月より「最強家族プログラム」という、家族割サービスも始まりました。

家族2人以上(離れて住んででもOK)で楽天モバイルを契約すれば、1人あたり100円安くなります!

スクロールできます
データ使用量(月)料金(月)※家族割なし料金(月)※家族割あり
3GB以下980円(税込1,078円)880円(税込968円)
3GB超過後、20GB以下1,980円(税込2,178円)1,880円(税込2,068円)
20GB超過後2,980円(税込3,278円)2,880円(税込3,168円)
Rakuten最強プラン

データをどれだけ使っても、2,980円で収まりますし、3GB以下しか使わなければ、たったの980円で済みます。

ユウ

「データ容量を使いたい月もあれば、使わなくていい月もある…」という人にとっては特におすすめですね!

ちなみに私は大体10GB前後の使用量ですので、ざっくり毎月2,000円くらいの支払いで済んでます。

電話が無料で使える

楽天モバイルを使用している方は、「Rakuten Link」というアプリを使用できます。

このアプリは、基本的に無料で電話をかけられるというアプリです。

ただし、(0570)から始まる他社接続サービスや、一部特番(188)は無料の対象外です。

私も頻繁に電話をするわけではありませんが、お店の予約や問い合わせ等で電話をかけるときはこのアプリが重宝します。

なんてったって無料ですからね!笑

ユウ

お店に問い合わせの電話をかけたとき、5分以上待たされたことがありました…
あの時、このアプリで電話していれば無料だったのに!

電話が聞こえにくいとか、通話品質に問題を感じたこともなく、使いやすいです。

楽天ポイントがたまりやすい

楽天モバイルを契約すると、ポイント倍率が+5倍(+4倍増加)となります。

楽天市場で10.000円の買い物をする場合
  • 楽天モバイル未契約→100ポイント(+1倍)
  • 楽天モバイル契約済→500ポイント(+5倍)

楽天ポイントは楽天市場で物を購入したり、楽天モバイルの料金支払いにも使用できるので、便利ですよ!

特に私のような楽天ユーザーにとっては嬉しいところです。

ユウ

楽天ポイントは本当に使いやすくていいですね!
私は銀行や証券口座なども、楽天でそろえてポイントをしっかり貯めて使用しています。

電波が弱いと感じる場所がある

電波がつながりにくいと感じることはあまりないです。

でも、ないといったら噓になります…

私は、電車で特定の地下の駅を通るときや、スーパーの中でつながりにくい時があります。

ユウ

「あれ、今までの大手キャリアだったら問題なかったのに」と思うことも…

現在、楽天モバイルは基地局をどんどん増設していってるので、通信改善は今後進んでいくと思われます。

現状でも日常生活でそんなに困るレベルではないですが、これからに期待ですね!

まとめ

楽天モバイルのメリット・デメリットを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

私が使ってみた感想として、たまに電波に不満を感じることがあります。

しかし、電話代も含めて安くなるし、楽天ポイントもたまりやすい。

メリットのほうが圧倒的に大きいと感じています。

コスパのいい格安Simを探されている方は検討してみてください!

ユウ

楽天モバイルでなくとも、どこかしらの格安Simは使ったほうがいいと思います!

【楽天モバイル】
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

メーカー経理として、日々働いている30代の男です。
妻と二人暮らし。

経理に興味がある方や、現役経理の方へ役立つ情報をお伝えしていきたいです。

目次